整備記録簿

ユーノスロードスターのシートの外し方

年末の大掃除の時期になり、家だけでなく愛車の掃除もすることに。

今日挑戦するのは以前から気になっていたシートの下を掃除すること。そのために人生で初めて車のシートを外すことに挑戦しました。

想像以上に簡単

シートの外し方を調べて見ると意外と簡単そうなので挑戦してみたのですが確かに簡単でした。

まずはシートを前に倒します。

シートを限界まで前に引くと後ろに2本のボルトが現れますのでこいつらを外します。

次にシートを一番後ろまで引くと前のボルト2本が現れますのでこいつらも外します。

ちなみにボルトは14mmです。画像にあるような一般的なラチェットでも簡単に外れました。

ボルト4本外しただけでシートがガバッと外れます。(年式などによってカプラーなど電気系統を外す作業が必要な場合があります。)

シートを外すと想像以上に汚くてびっくり。

ガムやらティッシュやらレシートやら髪の毛やらがワンサカ出てきます。

これらを掃除機を使って丁寧に取り除きます。髪の毛なんかはフロアマットに絡みついていますのでコロコロなどがあった方がいいかもしれません。

全体を徹底的に掃除機をかけてシートを元に戻せば完了です。

見た目は全く変わりませんがずっと気になっていた部分だったので手がつけられて良かったです。作業自体はとても簡単なので皆さんもぜひ挑戦してくださいね。

余談

1002はカーペットの色がアイボリーなのでいくら掃除機をかけてもどうしてもシミが目立ちます。

そろそろカーペットクリーニングに出そうかな。

-整備記録簿

© 2020 俺とユーノスロードスター