ユーノスロードスター「M2-1002」整備記録簿ver2.1

俺とユーノスロードスター

買取

ロードスターのカスタムパーツは買取価格にプラスかマイナスか?

投稿日:

愛車に社外パーツ多数!お金を掛けた愛車は高額査定の期待できる!?

ロードスターを購入し、自分好みにドレスアップやチューンアップする人も少なくないと思います。せっかくお金と手間をかけた愛車は、査定にどう評価されるのでしょうか。

社外品カスタムパーツの装着は一概にマイナス評価ではない

結論から言うとカーナビやマフラー等の社外パーツは、そのまま取り外さずに査定依頼することをおすすめします。

改造は査定にマイマス評価というイメージがありますが、人気のパーツや新しい商品は、新購入者にとってもありがたいです。この様な理由もあり、高額査定となる可能性に”期待”できます。

社外部品を外して個人売買やリサイクルショップ等に売ってお金にするのも良い方法なのですが、費用も手間もかかります。取り外しをする前に、まずは買取業者に査定してもらいましょう。

※クルマ買取業者によって社外パーツ等の価値が分からない、不慣れなど、得意・不得意なジャンルがありますので、複数の買取業者に査定依頼して、比較・検討した方が良いのでやってみましょう。

オーディオ

メーカー、ディーラー純正品、BOSEやカロッツェリアなど社外の人気ブランドのオーディオは高評価を受ける可能性があり。

逆に壊れていたり古過ぎるもの、メーカー不明のものなどはマイナス評価の対象となります。

カーナビ

HDD搭載機種や、DVD再生機能、地デジ対応テレビ搭載機種が人気。新しいモデルであれば、十分に査定評価のアップの対象となります。

逆に古過ぎるものや画質がおかしいもの、タッチパネルの表面が剥がれているものなどはマイナス評価になります。イマイチなカーナビがついているくらいならそこそこ新しいオーディオの方が高評価になることも珍しくありません。

エアロパーツ

スポーツカ―車種で、エアロ、スポイラーやウィングなどを装備した車は、査定評価のアップの可能性があり。ただし、割れや欠け、ヒビ、塗装剥がれ、変形、左右非対称などがあるとマイナス評価の対象となります。

マフラー

マフラーは特人気に左右されるパーツの一つです。車検に対応しているものはプラス査定評価の期待ができます。

足回りの改造だって高額査定のチャンス!

サスペンションなどを改造したクルマも、車買取業者によっては大幅に査定評価がアップすることがあります。社外パーツの取付をした改造と同様、業者によって各社の査定評価や基準があるので、できるだけ多くの車買取業者に査定を依頼しましょう。

ローダウン

  • サスペンションのバネ交換で車高を下げる改造です。
  • 最近は、ドレスアップの一つとして人気定番の改造です。
  • 査定評価が高くなる可能性があります。

車高調

  • 車高の調整が可能な「ショックアブソーバー」を取付けた改造です。
  • パーツ自体がとても高額で、人気のあるパーツが取付されていれば、査定評価が高くなる可能性があります。

エアサスペション

  • 自動で車高を調整でき、乗り心地がとても良くなる「エアサスペンション」も人気の改造です。
  • この改造は構造の変更(改造検査)が必要なので、公認取得していなければ査定に影響がある可能性は高いです。

タイヤ

  • 溝の有無や亀裂等が無く状態が良いと、プラス査定になることもあります。
  • 車といっしょに買取してもらった方が割高になることもあります。
  • 特にスタットレスタイヤはそれだけでも買い取ってもらえることもあります。

ホイール

  • メーカー製品や流行のデザイン等の高価なホイールは、中古でも価値があり、ホイール単体でも買取りをしてもらえることもあります。

マイナス評価になるカスタムパーツ

車検に対応していないパーツや改造は、プラス評価無しどころか、マイナス評価で査定されてしまう原因になります。

また、改造の仕様によってはマイナス評価される場合もあり、全ての改造がプラス評価になるわけではありません。

また、非車検対応の社外パーツや改造する場合は絶対に、取り外したパーツ類(純正部品)は必ず保管しておきましょう。よく個人売買等で売ってしまってる方が居ますが手放す時に純正部品が有るか無いかで大きく変わってしまう場合がありますのでご注意ください。

-買取

Copyright© 俺とユーノスロードスター , 2019 All Rights Reserved.