ユーノスロードスター「M2-1002」整備記録簿ver2.1

俺のユーノス

整備記録簿

ユーノスロードスター「M2-1028」の歴史とスペックまとめ

投稿日:

M2(マツダ車の東京ソフト開発実験工房)は、92年12月に1.6Lロードスターのチューニュングバージョン「M2-1001」を300台限定発売。

これを皮切りに第3段として、94年2月8日「M2-1028」1.8Lロードスター改をメーカー純正チューンドとして発売した。

M2-1028の商品コンセプトは「ストリート コンペティション」。

Street Competition M2-1028

M2から提案する、その上の進化。オープン2シーターの解き放たれた世界と、クローズドクーペの緊張の世界を併せ持ち、その上で自分だけのクルマに創りあげる素材としての潜在能力。

ドライビングを愛するドライバーにとって、ひとつの理想といえる生活を提案したものである。

日常は意のままの俊敏ば挙動を楽しみ、そして休日は、仲間との走り、サンデーレースに興じる。

まさに、楽しみはここから。M2-1028とともにすごす一瞬一瞬が歓びに満ちた時間であることを願わずにいられない。(M2 VOICE より)

M2では、M2 1001、1002と、ユーノスロードスターをベースに2つの方向の提案を行ってきた。

そのため、幸いなことに、多くのロードスターオーナー、そしてロードスターを是認している方々とコミュニケーションを取る機会を持つことができた。

なぜロードスターなのか。なぜ楽しいのか。そのコミュニケーションの中から、このクルマの持つたくさんの魅力を認識できた。

その主たるものは「オープン2シータースポーツカー特有の開放感」と「ジャストサイズのボディとFRレイアウトを持つ元気なパワートレインによる、人馬一体と称されるコントロール性能」そして、「手軽に自分らしさを表現するためのベース車としての魅力」である。

これらからM2では、スポーツカーとしてのロードスターが持つ本質的魅力を「走る楽しさ」と「いじる楽しさ」の二つの言葉で捉え、その魅力を特化させたバージョン「M2-1028」を開発した。(M2 VOICEより)

M2-1028のBODY

よりリニアなコントロール性をゲインするための条件として、ヨー・ロール慣性モーメントの低減を図り、各部の重量を大幅に低減。その結果、ユーノスロードスターハードトップ仕様(1010kg)に比べて、50kgの軽量化を実現。

空力性能面の向上については、オリジナルのロードスターフォルムを生かすよう、最小限の変更で最大限の効果を生むエアロパーツを採用している。

主要部品の重量低減(ノーマル比)

  • 幌…標準装備から削減-17.1kg
  • ディタッチャブルハードトップ…素材の比重をノーマル1.9から1.3へと変更&ウィンドウにポリカーボネイトを採用 -8.7k
  • トランクリッド…アルミ製を新開発-3.0kg
  • ホイール…高圧鋳造アルミホイール-10.4kg
  • ブレースバー…アルミ製を新設計-1.2kg
  • トーイングフック…アルミ製(JAF公認タイプ)-2.7kg
  • シート…FRP製軽量バケットシートを新開発-12.1kg
  • 内 装…センターコンソール削除など装備の簡素化
  • 空力性能アップ…【フロント】フロントリップスポイラー採用【リア】リップ付トランクリッド新開発
  • 車高…車高25mmダウン
  • ルーフ…ディタッチャブルハードトップ標準装備

M2-1028はこう使う、こう楽しむ

  1. お手軽チューン
  2. サーキット、ジムカーナー練習等でのスペシャル
  3. その場チューン
  4. ロールゲージの使い方
  5. 1028の乗り回し方

  • 1839cc
  • 140ps/6500rpm
  • 17.0kg-m/5000rpm
  • 専用サスペンション/タイヤ
  • アルミ製ロールケージ(10点式)
  • アルミ製リップ付トランクリッド
  • 軽量ハードトップ
  • ビタローニ製ドアミラー
  • MOMO社製ステアリング
  • 軽量バケットシート

\ シェアしてください /

-整備記録簿

Copyright© 俺のユーノス , 2018 All Rights Reserved.